今年もお世話になりました

今年もあと2時間を残すにあたり、このブログへのアクセス数は、10899に上りました。

筆不精にもかかわらず、多くの皆様に訪れていただきました。

本当にありがとうございました。

今年最大の国際ニュースはバラク・オバマの米大統領訪問だったのでしょう。イラクにおける治安状況の一定の改善もあり、オバマ政権はイラクからの撤退に向けた政策立案および広報戦略を着々と進めているようです。

来年のイラクは、試練の年になりそうです。

3月には総選挙が予定されている。戦後イラクの最大の問題は治安であることに異論はないであろうが、過去において最大の治安悪化要因はテロ組織による治安事件ではなく、宗派・民族対立であった。2007年8月29日のサドル勢力による一方的停戦以来、イラクの治安は劇的に改善した。しかしながら、イラク戦争を契機に噴出した宗派・民族意識は強烈に残っており、省庁は宗派・民族に基づく政党組織に色分けされ、治安部隊の中にも宗派・民族に対して強く忠誠を誓う人々が組織的に多く組み込まれている。イラクの治安を左右する最大の要素が宗派・民族対立である以上、問題は政治であり、それゆえに3月の選挙の結果は、イラクの将来に大きな影響を与える。

7月末には米・イラク合意に基づき、イラク駐留米軍攻撃部隊が撤退する。攻撃部隊の定義に関しては議論もあるが、このこともイラクの将来に大きな影響を与えるはずである。その最大のものは、イラクの治安に与える影響であろう。米軍主力部隊の撤退がイラクの治安維持に直接与える影響もさることながら、前述の宗派・民族対立の抑制に米軍部隊のプレゼンスがあったことは否定できない。また、かりに懸念されている宗派・民族対立が再発する場合に、その間に割って入る「第三者」が存在しないという事態がやってくることになる。11月の中間選挙に向けて、オバマ政権はイラクからの撤収とアフガンへの戦力強化により、テロとの戦いが円滑に進展していることをアピールするはずで、イラクの治安状況が多少不安定になっても、米軍攻撃部隊の撤退は予定通り進められることであろう。カルザイが最初に大統領になったときにブッシュ政権が行ったように、選挙を契機に、イラクは安定し民主政権への道が開けたとアピールし、「足抜け」からサクセス・ストーリーに至る「物語」を準備しているはずである。

上記の二つは、明らかにイラクの来年以降を占う上で大きな出来事になりそうである。

イラク戦争からはや6年を経過して、未だにこのようなことを書き連ねなければならないのは辛いことである。イラクの過去の経緯を見ていると、悲観的になることが多いが、来年はなんとか楽観的な方向に動いてほしいと祈るばかりです。

来年は、小生にとっても変化の年がやってきそうです。

皆様もよいお年をお迎えください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオ番組、とうとう終わる!!

ニッポン放送の「朝はニッポン一番乗り」の金曜日のコメンテーターを務めてきましたが、10月の番組改編に伴い、今日、最後の出演を終えました。森永卓郎さん、那須さん、垣花さん、大変お世話になりました。メタボお二人と朝から狭いスタジオで窮屈な思いをしたことは、きっと忘れないでしょう。

さて、これに先立つ6週間前、同局の報道部長からお電話をいただきました。

「大野さん、番組改編により、「朝はニッポン一番乗り」が終わってしまうんですよ。本当にお世話になりました。」

「いえいえ、大したこともできませんでした。番組終了によって、やっと金曜日の朝が平和な時になりそうです。なんともありがたい。」

「朝からご迷惑をおかけしました。ところで、10月からは上柳アナウンサーの番組が始まるのですが、もう少し朝が早く、出演の終わりも遅くなる形でお願いをしたいのですが、何曜日がよろしいですか?」

なんで、彼らはこういうオチを用意しているんだろう?ちなみに、今朝は、森永さんに「やっと平和な朝になりますね」と言ったら、「いえ、水曜日は次の番組でも出るんです。なんか、他でも忙しいし。。。」

おんなじようなこと考えているんですね。ご愁傷さまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクセス2万件、ありがとうございました。

昨年の5月にブログを立ち上げて約1年弱、今日、ふと見てみたら、アクセスが2万件を超えていました。

ブログなる言葉は知っていても、書いたことはなく、PCは仕事に欠かせないものの、もっぱらデータベースと原稿執筆、e-mail用途でした。ブログ初心者の若葉マークが取れる前に、数多くの皆さんにアクセスをいただき、申し訳ないやら、ありがたいやら。。。

私の場合、定期的にブログを書こうと思っても、時間の都合がつくときだけになっています。なるべく、関心のあるテーマを選択しようと思っていますが、それもかなわないことが多いのが現状です。それにもかかわらず、多くの皆様に訪問していただけることを励みに書いてまいりました。改めて御礼申し上げます。

それにしても、私の意見をしたためたブログに多くの方が訪れていただくのは嬉しい反面、イラクの混乱が多くの方々の関心を惹きつけていると思うと、アラブ好きの私にとっては複雑至極です。早く、イラクが安定して、イラクの食べ物や生活などをのんびりと書く日々が訪れて欲しいと思っています。

今後も書くペースはあまり変わらないかもしれませんが、引き続きご愛顧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アラブの名前

新聞や雑誌に原稿を書くとき、「すみません、サッダームの綴りですが、本誌ではかねがねサダムとしていますので、統一させてください」と連絡をいただくことがある。最近では議論するのも辟易し、「はい、どうぞ」になっている。

しかし、テレビではやはりアラブ人が聞いてわからない発音は意味がないと考え、かねてからサッダームはサッダーム、サマーワはサマーワ、イスラームはイスラームで通している。

新聞や雑誌はなるべく短く表記して多くの情報を伝えたいのかもしれないが、そもそもブッシュはブシュではないし、ハンバーガーはハンバガではないだろう。前述のとおり、アラブの名前については、あまり抵抗していないが、二つだけは通させていただいている。

一つは研究者としてのプライドがかかっているもの。たとえばそれはイスラームで、これをイスラムとすると、やはり研究者としての常識を疑われると考えている。

二つ目は、アラブ人が聞いて完全に誤解するもの。たとえば、バース党と直される時は、「バアス」ですと抵抗している。アラビア語でバースとやると、乗り物のバスになってしまうから。

フセイン大統領もなるべく避けて、個人名のサッダームにしていたら、先日、ブログでこの件を取り上げられておられた方がいた。よく調べておられて、感心した。

      ↓

http://blog.goo.ne.jp/kurokuragawa/e/3111825a91942c7962a994e1a3633729

ところで、イラクの地方行政単位もわかりやすくするために、私の場合、「県」にしている。他の雑誌などは「州」を使っているものも多いようだが、やはり違和感がある。かつてオスマーン・トルコの時代に、現在のイラクの17の県はより大きな行政単位に分けられており、そこでは「州」が使われ、モースル州、バグダード州、バスラ州になっていた。現在でもバスラ県が存在するが、もしもバスラに州を使うと、かつての行政単位と混同されるのではないかと危惧してしまう。

そもそも中東に対しては、多くの誤解と偏見が存在する。可能な中で我々のような伝える側が、細かい話でも気をつけていかなければと考えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)