« ライフ・スキル・セミナー | トップページ | イラク国会選挙投票日にあたって »

選挙、選挙、選挙

3日、民主党より、7月の参議院選挙埼玉県選挙区の公認候補者の発表がありました。現在の日本がおかれた状況をしっかりと見つめ、耳触りのいい発言ではなく、国にしかできない外交や安全保障、エネルギーについて正面から訴えていくつもりであります。

さて、かたやイラクでも7日には選挙が予定されています。

このたびの選挙はシーア派を中心としたこれまでの与党、統一イラク同盟が分裂する中で選挙戦に突入することになりました。マーリキー首相率いる法治連合と、ジャアファリー前首相、イラク・イスラーム最高評議会(ISCI)、サドル勢力、チャラビー前副首相等が構成するイラク国民連合のいずれかが第一党になると思われますが、いずれの政党も過半数を確保する勢いにはありません。

今回の選挙の焦点は、以下のとおりと考えています。

1)選挙戦後の連立のあり方

2)スンニー派地域の投票率とその後のスンニー派取り込み

3)選挙の結果次第で変わり得るこれまでの政策の継続・非継続、さらにはこれに対する米国の対応

4)イランの影響力の進展具合とアラブ諸国の新政権への対応

5)再び強まる傾向に見える宗派・民族対立とその収拾方法

イラク情勢は以前ほど派手な殺戮でないためか、最近の日本のマスコミは取り上げていませんが、その推移は、世界のエネルギー情勢=世界経済、米国の世界戦略とオバマへの世論の動向、中東世界のダイナミズムへの致命的な影響、日本のエネルギー政策等に大きな影響を与える可能性があり、引き続き注視が必要です。

|

« ライフ・スキル・セミナー | トップページ | イラク国会選挙投票日にあたって »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179068/47741724

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙、選挙、選挙:

« ライフ・スキル・セミナー | トップページ | イラク国会選挙投票日にあたって »