« 参議院選立候補ご報告 | トップページ | ライフ・スキル・セミナー »

映画「グリーンゾーン」試写会を終えて

3月に全米公開、5月に日本で公開される「グリーンゾーン」という映画の私だけのための試写会に行ってきました。配給会社としては、この映画を5月時点でどう売ろうかと考えているようであると同時に、映画のディテール等についても気になったようです。

日本では最近、イラクに対する関心は急速に冷えているようですが、米国人にとってはまだまだ生々しい記憶が残っています。米国で公開される3月は、イラクで総選挙が実施される頃ですが、オバマ政権は、ブッシュ政権がアフガニスタンで行ったのと同様に、「選挙が実施されて民主主義が実現し、良い方向に向かっている」と喧伝しながら駐留米兵撤退のモメンタムを作り、11月の中間選挙に向かおうとするのでしょう。これに対してこの映画は、「ちょっと待ってくれ」と冷水を浴びせることになるのでしょう。

日本人にはこういう意味合いでのメッセージ性は低いのかもしれませんが、バグダード市一等地の多国籍軍支配地域「グリーンゾーン」が持つ意味は、イラクのみならず、普遍的に重いようです。公開がまだなこともあり、ここでストーリーについて語るのは控えますが、グリーンゾーン内の論理は占領者の論理で、そこでうごめくのは米国内の官僚の論理であり、権限争いです。それにもかかわらず、グリーンゾーンの論理はイラク全土、イラク人の命に決定的な重要性を持ち、彼らの運命を左右するのです。映画では、グリーンゾーンの論理が暴かれることになりますが、この論理こそ、イラクを泥沼に引き込んだ理由の一つと言えるのかもしれません。この意味で、映画の中で最後に「本当のイラク人の顔」が現れる瞬間は、「あっ」と思わされました。

公開されたら、こんな背景に今一度想いを寄せるのもよいのかもしれません。

|

« 参議院選立候補ご報告 | トップページ | ライフ・スキル・セミナー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179068/47371688

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「グリーンゾーン」試写会を終えて:

» 映画:グリーン・ゾーン Green Zone スニークプレビューで全米公開前に観た、最新アクション! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
日本では珍しいことだと思うが、直前まで「何をみるかわからない」試写会(スニークプレビュー)に参加してきた! う〜んスリル満点。。。 上映前に明かされた映画タイトルは、グリーン・ゾーン Green Zone。 まだアメリカでも3月12日公開、日本では 5月公開という、バリバリにニューな映画(やったあ!) 傑作「ボーン」3連シリーズの後半2作の監督 ポール・グリーングラスが、主演のマット・デイモンとともに取り組んだ最新アクション。 今回の舞台は、なんと!イラク。 とはいえ、「戦争映画」色はそれほ... [続きを読む]

受信: 2010年2月18日 (木) 23時03分

« 参議院選立候補ご報告 | トップページ | ライフ・スキル・セミナー »