« 休刊決定したフォーサイト誌に寄せて | トップページ | 参議院選立候補ご報告 »

今年もお世話になりました

今年もあと2時間を残すにあたり、このブログへのアクセス数は、10899に上りました。

筆不精にもかかわらず、多くの皆様に訪れていただきました。

本当にありがとうございました。

今年最大の国際ニュースはバラク・オバマの米大統領訪問だったのでしょう。イラクにおける治安状況の一定の改善もあり、オバマ政権はイラクからの撤退に向けた政策立案および広報戦略を着々と進めているようです。

来年のイラクは、試練の年になりそうです。

3月には総選挙が予定されている。戦後イラクの最大の問題は治安であることに異論はないであろうが、過去において最大の治安悪化要因はテロ組織による治安事件ではなく、宗派・民族対立であった。2007年8月29日のサドル勢力による一方的停戦以来、イラクの治安は劇的に改善した。しかしながら、イラク戦争を契機に噴出した宗派・民族意識は強烈に残っており、省庁は宗派・民族に基づく政党組織に色分けされ、治安部隊の中にも宗派・民族に対して強く忠誠を誓う人々が組織的に多く組み込まれている。イラクの治安を左右する最大の要素が宗派・民族対立である以上、問題は政治であり、それゆえに3月の選挙の結果は、イラクの将来に大きな影響を与える。

7月末には米・イラク合意に基づき、イラク駐留米軍攻撃部隊が撤退する。攻撃部隊の定義に関しては議論もあるが、このこともイラクの将来に大きな影響を与えるはずである。その最大のものは、イラクの治安に与える影響であろう。米軍主力部隊の撤退がイラクの治安維持に直接与える影響もさることながら、前述の宗派・民族対立の抑制に米軍部隊のプレゼンスがあったことは否定できない。また、かりに懸念されている宗派・民族対立が再発する場合に、その間に割って入る「第三者」が存在しないという事態がやってくることになる。11月の中間選挙に向けて、オバマ政権はイラクからの撤収とアフガンへの戦力強化により、テロとの戦いが円滑に進展していることをアピールするはずで、イラクの治安状況が多少不安定になっても、米軍攻撃部隊の撤退は予定通り進められることであろう。カルザイが最初に大統領になったときにブッシュ政権が行ったように、選挙を契機に、イラクは安定し民主政権への道が開けたとアピールし、「足抜け」からサクセス・ストーリーに至る「物語」を準備しているはずである。

上記の二つは、明らかにイラクの来年以降を占う上で大きな出来事になりそうである。

イラク戦争からはや6年を経過して、未だにこのようなことを書き連ねなければならないのは辛いことである。イラクの過去の経緯を見ていると、悲観的になることが多いが、来年はなんとか楽観的な方向に動いてほしいと祈るばかりです。

来年は、小生にとっても変化の年がやってきそうです。

皆様もよいお年をお迎えください。

|

« 休刊決定したフォーサイト誌に寄せて | トップページ | 参議院選立候補ご報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179068/47169008

この記事へのトラックバック一覧です: 今年もお世話になりました:

« 休刊決定したフォーサイト誌に寄せて | トップページ | 参議院選立候補ご報告 »