« 私の履歴書:ジョージ・W・ブッシュ | トップページ | トルコ軍撤退? »

新イラク国旗

イラク国旗が新しくなりました。

旧イラク国旗はサッダーム政権の圧政を連想させるとの理由で、クルド人と米国が早急な変更を求めてきましたが、2004年に変更された国旗は、水色が基盤でイスラエル国旗を連想させ、早々に葬られました。それ以降、旧国旗が使われ続けたのですが、クルド自治区では、政府の建物においてすら、イラク国旗の代わりにクルド旗が掲揚され、イラク政府の特徴となった行政の麻痺の中で、国旗法の制定も遅れに遅れてきたのです。

新たなイラク旗は、国旗の色はそのままに、中央に記されていた3つの星が取り去られ、手書きの「神は偉大なり」の文字も印刷のクーフィーヤ書体に改められました。

3つの星は、アラブ民族主義の英雄、ガマル・アブドゥ・ル=ナーセルに触発されて60年に取り入れられ、その後、バアス党政権の主張する「統一、自由、社会主義」という意味が付されたものでした。「神は偉大なり」の文字はサッダーム・フセインの自筆とされ、本来であれば宗教など見向きもしなかったバアス党政権が、湾岸危機に際して米国と対峙し、イスラーム色を強めて、ムスリム諸国と国民の関心を惹こうとした際に追加されたものです。

まさに、今回の国旗法、過去の政治的経緯を一掃したわけですが、そこに政治色がないとは言えません。

実質的な占領下で強制された国旗など掲げないとファッルージャ市長が発言したとおり、新たな国旗に対する反発は、前述のイスラエル国旗を連想させる国旗に対するよりは弱いものの、まだまだ根強く存在します。そのためか、国旗法の有効期限は何と1年間で、より良い国旗が模索されていく方向です。また、独自色を強め、中央政府に反して外国企業との間で独自に石油開発契約を締結しているクルドに対する反発が強まる中で、新たな国旗を策定することは、クルド政府に対し、イラク国旗を掲げることを迫る材料にもなるのでしょう。

いずれにせよ、外電で報道された国民の意見は、納得させられるものです。

曰く、「政府は国旗を変えることに一生懸命になるべきではなく、混乱に直面する国民生活への変化を考えるべきである。」

2月11日追記

本日付のシャルク・ル=アウサト紙によれば、10日朝、クルド自治区において、クルド要人列席のもと、新国旗掲揚式典が行われ、クルド議会及び政府関係施設に新国旗が掲げられたそうです。この国旗が一つのイラクを体現する日が早く訪れるように。

|

« 私の履歴書:ジョージ・W・ブッシュ | トップページ | トルコ軍撤退? »

コメント

こんにちは。はじめまして。
まさかブログという形で、大野さんを身近に感じられるとは・・・。感激しています。
昨年、主人の赴任地だった豪州より帰国しました。英語を学ぶ為、州立の学校へ通いました。クラスメートの中に、アフガニスタンの戦火から逃れてきた友人がいました。中東文化の知識のない私は、その存在に圧倒されました。一緒に学んだり食事をするうちに、狭くて浅い知識や価値観で生きていた自分に気がつきました。
大野さんのブログを通して、もっと中東のことを感じたいと思います。

投稿: hattori | 2008年2月13日 (水) 16時21分

hattoriさんへ

コメントありがとうございます。
あまりブログに接しないために、今日までコメントに気が付きませんでした。ご容赦ください。

私も、文化の異なる地域から来た人の存在感、時に想像もしない経験を経た人の圧倒的な存在感に接し、彼らを鏡として自らを見る経験をしたことがあります。

その一方で、異なる文化や社会的背景を抱いているとはいえ、彼らを「文明の対立」の枠組みでとらえることは、とても危険だと思っています。

同じ人間、されど異なる経験、以下に理解し合うか、理解できないことを受け入れるか、難しいですね。

改めて、コメント、御礼申し上げます。

投稿: 大野 | 2008年2月24日 (日) 01時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179068/40063110

この記事へのトラックバック一覧です: 新イラク国旗:

« 私の履歴書:ジョージ・W・ブッシュ | トップページ | トルコ軍撤退? »