« ムクタダー・アッ=サドル逃亡? | トップページ | 子供のような気持ち »

イラン製EFPがイラクの米軍を追い込んでいる?

イランをめぐる情勢がきな臭い。米国は二つ目のステニス空母群をペルシャ湾に派遣し戦争状態に近い配備を行っているのみならず、日本のタンカーとの接触により、米原潜がホルムズ海峡付近に展開していることが判明した。イランはこれに対し、対艦ミサイル発射実験を行った。尋常に考えれば、核問題のみならず、イランはイラク、レバノンおよびパレスチナに影響力を行使することが可能なために、イランを巻き込む武力衝突は中東を火の海にする可能性が高く、対イラン武力行使が国際社会にもたらす利益はない。しかしながら、既に中東地域は第一次世界大戦前夜の欧州のように、誤った衝突が大惨事を引き起こす危険な状態に置かれていると言わざるを得ないだろう。

このような中で、米政権は、イランがイラクの過激派に対して高性能爆弾(EFP)を供与している証拠をつかんでおり、このEFPによって米軍の装甲車等にまで被害が及んでいるとした。さらにイランの武器供与の背後にはイランの革命ガードがおり、イランの最高指導層が関与しているとして、ハメネイ最高指導者の関与を示唆した。

その後、ペイス米軍統幕議長が、EFPとイランの最高指導者を結び付ける証拠はないと述べ、米国の対イラン批判はトーン・ダウンしているようだ。当然のことながら、たとえイラン製の武器がイラクで発見されても、それとイランの最高指導者を結び付けるためには、ほかに証拠が必要である。イラク戦争開戦の際の大量破壊兵器保持に関する誤った米国の主張は、今回の米側の主張に対する疑いを強めることになろうが、そもそも、イランはイラクの武装勢力に対してそのようなあからさまな証拠を残す兵器を供与するのであろうか。

米側の主張によれば、イラン製を示すシリアル番号が兵器の破片から見つかったそうだが、イランはすでにアフガニスタンやレバノンに対する武器供与の経験を十分に得ており、そのようなミスを犯さないような学習をしている。さらに、もしもイランが米軍を攻撃対象にしているスンニー派系の武装勢力に兵器を流すとしたら、そこには大きなリスクが伴う。米国との対立のリスクのみならずk宗派対立が激しいイラクにおいて、シーア派のイランがスンニー派の勢力に加担していることが明らかになれば、イランが影響を及ぼし得るシーア派政党や民兵は、どのような思いを抱くであろうか。イランにとってイラク国内の最悪のケースは、隣国にして長期間にわたるライバルであったイラクにおいて、影響力を喪失することにあろう。そのようなリスクを冒すとすれば、きわめて注意深くあるべきなのに、米国の主張によるイランの手法はあまりに明白かつ幼稚である。

イランの関与に関する米国の主張を疑わしいと感じるのは、私だけであろうか?

|

« ムクタダー・アッ=サドル逃亡? | トップページ | 子供のような気持ち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179068/13968467

この記事へのトラックバック一覧です: イラン製EFPがイラクの米軍を追い込んでいる?:

« ムクタダー・アッ=サドル逃亡? | トップページ | 子供のような気持ち »