« 米国の対イラク戦略 | トップページ | 中東カフェ@銀座 »

知らない内に

最近、イラク情勢をめぐり、「知らない内に」が流行っているようだ。

1月18日、ダッバーグ・イラク政府報道官は、イラク北部で米軍がイランの外交官を拘束した事件について、何も知らなかったことを強調した上で、「当事者全員に、イラクの主権の尊重を求めたい。他人のけんかにかかわりあいになるのはごめんだ」と述べた。イラクの領土において、米国とイランが小競り合いを行うのは迷惑との発言だ。
本件については、イラク政府はイランが代表部の設置を申請していたところとしていたが、米国はテロ活動を支援するイラン分子を拘束したと主張していた。そもそも、隣国イラクに密接な利害関係を有さざるを得ないイランとしては、代表部を同地に開設することは当然だが、逆に利害関係の強い勢力を非合法な手法を含め、さまざまな形で支援する可能性も排除できない。誰が、何を知っていて、何を知らなかった結果の問題か?

1月19日、ナンシー・ロペス上院議長(民)は、ブッシュ政権によるイラクへの部隊増派が早急に行われることに関し、「イラク戦争は米国民の永遠の責務となってはならない。大統領は、米軍が安全でないところにいるがゆえに、議会が予算を削減できないことを承知している。そのために、彼は部隊を危険な場所に拙速に送り込もうとしている。」と批判した。部隊を送って既成事実を作り上げて、予算を否認できないようにし、米軍を危険な地域に放り込んでいると言っているのだ。知らないふりの殺人と言いたいのか?

1月19日、サーデク・アッ=リカービー・イラク首相顧問は、ムクタダー・アッ=サドル勢力の幹部であるダッラージ氏が、騒擾事件の首謀者として米軍の急襲作戦により拘束された事件に関連し、「この拘束についてイラク政治指導部と協議はなく、本件は新たな治安措置と関係はない。多くの国民の反応をもたらすかかる作戦を実施する前に、イラク政治指導層との協議が必要であった。」と知らんぷりを決め込んだ。この作戦にはイラク軍が参加していたにもかかわらず。

「知っていた」、「知らなかった」、「知らんぷりで」は、政治の常套手段の一つである。それぞれの発言の是非はともかく、イラク情勢がきわめて政治的になっている証左かもしれない。

さて、1月19日、サドル師の側近は、前述のダッラージ氏拘束事件等、一連のサドル勢力に対する攻撃に関し、「戦闘を禁じるムハッラム月ゆえにサドル勢力は反撃を控えているが、我々の我慢には限度があり、ムハッラム月の後に思い知ることになろう。」と述べた。ムハッラム月が明ける2月中旬、我々は何を知るのであろうか。

|

« 米国の対イラク戦略 | トップページ | 中東カフェ@銀座 »

コメント

はじめまして。
朝ナマでの、今年はイランの年かもという大野さんのご発言が悪い予測にならないように願うばかりです。今、アメリカは空母を2隻も出していますが、もはや強がりもここまでという感じがします。睨み合いで終わって欲しいものです。
ヒラリー・クリントンさんは、かつて国際的な組織を組んでイラク統治の移譲をとおっしゃっていたようですが、彼女が大統領になったら、本当にそんなことをするのでしょうか。私は、そこでまたひと悶着あるのではと思います。結局、アメリカではなく、フランス、ロシア、中国といった反米安保理国が組織を組んで一旦イラクを引き取るようなことで、ようやく沈静化するような気がします。

投稿: S | 2007年1月23日 (火) 23時51分

Sさん、小生の発言を覚えていてくれてありがとうございます。

ご指摘の通り、米国の強がりが続くかはカギだと思います。「国際的枠組み」も米国の強がりが継続する限りにおいては、米国的国際観を反映せざるを得ず、これまでの枠組みと大差ないものになるかもしれません(アフガニスタンでの国連軍がそうであるように)。

投稿: 大野 | 2007年1月24日 (水) 01時27分

レス頂き、ありがとうございます。その「枠組み」に関してですが、もうひとつ思うことは、OPECについてです。OPECが主に石油輸出に関わる経済的な機構に止まっている事に、少々残念な思いがします。例えば石油を平和目的に使用して欲しいといった訴えや提言があっていいと思います。考えてみれば、自らが輸出した石油を燃料にした軍艦等がやってきて戦火に巻きこまれるというのは、全くおかしなことです。また、石油と環境との調和、石油を貧困解決のためにどのように活用すべきかといったテーマで会議を開催し、優秀な実績には賞を送るといった行動が望まれます。OPECが一定のオピニオンリーダーの役割を果たせば、ウランや鉄鋼、天然ガスといった資源を持つ国も平和や環境等についてグローバルに考え提言していくといった流れができてくると思います。資源産出国はグローバル化で、自らも安閑としていられない時代になっている。これからはより積極的な行動が必要であると思います。

投稿: S | 2007年1月28日 (日) 14時28分

Sさん、ご意見ありがとうございます。

OPECに関する提言、興味深いですね。石油が政治的商品である以上、このような指摘は面白いと思います。
ただ、現状から言えば、答えはノーでしょう。石油が戦略物資ではなくなったという認識がある以上、石油を政治に利用するのは困難かもしれません。また、湾岸産油国で形成するGCCがイラン革命に対抗するための安全保障の枠組みであったにもかかわらず、北側の国にとっての脅威はイラクで、南側の国にとっての脅威がイランであって、それぞれの国の平和認識が異なったために政治的立場が一致しなかった経緯に鑑みれば、OPECがまとまるのは困難かもしれません。
また、環境問題に関してはOPECも提言はしていますが、現実には、代替エネルギーを消費国に提言するのは嫌がる等、やはり経済的観点が先にたつ傾向があるようです。
資源産出国がグローバルな観点を持つべきとの主張が、消費国と共に高まる環境が必要なように思われます。
いずれにせよ、儲けが先にたつカルテルが広い視野を持てる時代が来れば、国際的問題解決に光明がさすとのご指摘は正しいと思います。

投稿: 大野 | 2007年1月29日 (月) 02時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179068/13608525

この記事へのトラックバック一覧です: 知らない内に:

« 米国の対イラク戦略 | トップページ | 中東カフェ@銀座 »