« サッダーム | トップページ | 原子力潜水艦と日本船の衝突:ホルムズ海峡 »

今年も一年

イラクでは選挙に始まり、サッダームの処刑に終わるあわただしい一年の中で、数多くの人々が殺される事態は終息しませんでした。

来年こそはいい年になりますように、心より祈念申し上げます。

大野はこれより朝まで生テレビですが、一年の最後まで多くの方にご訪問いただきました。御礼申し上げます。

|

« サッダーム | トップページ | 原子力潜水艦と日本船の衝突:ホルムズ海峡 »

コメント

いつもTVで、大野さんの冷静で明快なイラク解説を拝見しています。朝生頑張ってください!!田原さんとの戦いが楽しみです。

投稿: ソビエスキ | 2007年1月 1日 (月) 01時25分

ありがとうございます。

たった今、田原さんとのセッション?を終えて帰宅したところです。

ソビエスキさんにとっての一年がすばらしいものでありますように。

投稿: 大野 | 2007年1月 1日 (月) 06時18分

今まで、生朝TVに出演されていた大野さんの貴重な解説とご意見を伺っていました。
07年、イスラエルとアメリカによるイラク攻撃の可能性については、他の国際関係解説者による幾つかのブログなどでも同様に指摘されていますね。
でも、「分析と解説」の言葉の実態には、今の今までにこやかな笑顔を交わしていた子供たちの、引きちぎられた肉体と、土に染み入る赤い血、の存在があります。
そうすると、Saddamと、ブッシュとその全ての仲間たち、との間には、一体どの程度の違いが有るというのでしょうか。
イラクでの一般市民の犠牲の実態が、日本では十分に報道されていない現状は、情報操作と評価するべき様相です。
画面という有効な武器をもつTVが、現にある地獄の様を私たちに知らせずに、外交論などの観念だけが言葉となって飛び交う朝生TVに、私は、またしても日本の大報道機関の「お上的体質」を感じた、というのが正直なところです。

投稿: ドロボーカモメ | 2007年1月 1日 (月) 06時23分

訂正:07年・・・イラク攻撃→イラン攻撃
失礼しました。

投稿: ドロボーカモメ | 2007年1月 1日 (月) 06時31分

9.11テロは、血の匂いと阿鼻叫喚で満ち、被害者の家族のその後にいたるまで、多くのレポートが世界中で紹介されました。

その一方で、アフガン戦争やイラク戦争下における市民の様子はほとんど知られるものではありません。

確かに、テレビでの机上の討論が戦火の大衆と直接関係があるようには思えませんが、無為ではないと想います。

戦争が武力によって相手国の言うことを聞かせる手段であるならば、外交は武器を使わずに相手国に影響力を及ぼす手段となることが理想です。理想を語らずんば、前進はないと信じます。

また、正直なご感想として、マスコミの報道のあり方への指摘がありましたが、これには私も共感すると共に、伝える側にしばしばある人間として、自省を新たにしたいと想います。

ありがとうございました。

投稿: 大野 | 2007年1月 1日 (月) 20時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179068/13284462

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も一年:

« サッダーム | トップページ | 原子力潜水艦と日本船の衝突:ホルムズ海峡 »