« サッダーム処刑 | トップページ | 今年も一年 »

サッダーム

サッダーム・フセインと実際に会ったことはありませんが、彼との出会いは17年前でした。イラク大使館の専門調査員として、日々、サッダームの演説を翻訳したりしながら、「なんと論理が一貫せず、気分に応じて話題が飛ぶんだろう」と苦労したことをいまだに思い出します。

その一方で、彼はとても素直な一面がありました。かつて息子の悪行がイラク国内で有名になり、父親としても息子の車に火を放って燃やす等、ドラ息子ウダイに苦労していたころ、某週刊誌の記者が「お嬢さんのハラーさんはとても成績がよく、学年一だそうですね」と質問したところ、サッダームは、「大統領の娘だからと言って特別扱いしてそのような質問をするべきではない。大統領の家族を特別扱いすることはよくない」と繰り返しました。どこの親も、子供の育て方には苦労するんだなと想う一方、サッダームの一種の素直さを感じた記憶があります。

サッダームは石油ショック直後に実質的なイラクのナンバーワンになり、その後79年に大統領に就任しますが、この時期はまさに、石油ショック以降、国家の収入が何倍にも膨れ上がった時期です。産油国の常ですが、この時期、国民生活が大いに躍進したことは否定できない事実です。あまりに強硬な国家元首ながらも、右肩上がりの経済を実現させたのでした。

しかしながら、サッダームはイラクを大混乱に陥れます。イラン・イラク戦争、湾岸危機、国連の対イラク経済制裁、湾岸戦争、イラク戦争と、23年間の戦争状態の責任とそれがイラク人にもたらした苦しみはサッダームに起因しています。イラン・イラク戦争時に、民兵を含めて200万に達したイラク軍人の退役問題は戦後、あまりに大きい戦後の社会問題となりました。このあまりに強大な軍隊を使わざるを得ない国内的理由もあったのでしょうが、もちろん、これが隣国を侵略するいい訳にはなり得ません。強大な軍事力をもつと使いたくなるのは、米国と似ているように想います。

おそらくイラク戦争後の苦しみも、サッダームがいなければなかったでしょう。米国に対する批判が根強いのは承知していますが、ブッシュはあくまで助演賞です。

サッダームはしばしば、自分の言葉に酔い、いつのまにか演技してしまう傾向があったと思います。サッダームは裁判を通じて「大統領」であることを演じきり、伝えられるところでは、なんら慈悲を請うことなく処刑されたそうです。サッダーム一流の演技だったのか、本気だったのかわかりませんが、彼の最後は、一部の人々を動かすことになるのかもしれません。

いかなる場合にも人の死は尊敬と共に受け入れられるべきでしょう。サッダームの処刑で今年は終わりましたが、これが新年における多くのイラク人の幸せにつながるものとなることを望みつつ。。。

|

« サッダーム処刑 | トップページ | 今年も一年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179068/13272934

この記事へのトラックバック一覧です: サッダーム:

« サッダーム処刑 | トップページ | 今年も一年 »