« 大統領死刑確定 | トップページ | サッダーム »

サッダーム処刑

サッダーム処刑

30日日本時間正午ころ、サッダーム・フセインが処刑されたとの報道があった。一時代の終わりに他ならない。しかも、米軍管轄下のバグダード市内グリーン・ゾーンにおいてイラク政府の手により執行されたらしく、これは、イラク戦争後の構図を明確に示しているようで、興味深い。

90年5月、バグダードで開催されたアラブ首脳会議において、サッダーム・フセイン大統領は満面の笑みで演説を行った。イラン・イラク戦争に「勝利」してアラブの東岸をイスラーム革命から「防衛」したサッダームは、アラブの盟主として地位を確信していた。

その年の8月、サッダームは肥大化した軍をクウェートに向けて侵攻させ、国際社会から孤立し、米国をはじめとする国際社会や多くのアラブ諸国から吊るし上げられた。サッダームはアラブの大義を振りかざし、イスラエルを標的とすることによりアラブ大衆の同情をひいたが、圧倒的な多国籍軍の前に敗北し、国連の厳しい経済制裁下に置かれた。わずか3ヶ月の「我が世の春」であった。

その後のイラク戦争に至るストーリーは日本でもなじみ深いはずである。サッダームは「諸悪の根源」とされ、米軍の侵攻の口実となった。2003年4月の戦争中にアーザミーヤ地区に姿を現したサッダームは大衆の歓喜に応え、その後、2名ボディガードと共に逃亡生活を続け、この年の12月、「プレジデンシャル・スイート」と米軍に呼ばれたあばら家近くの壕から引きずり出された。

その後、人道の罪に問われてイラク高等法廷で訴追されたサッダームは、大統領を演じきって絞首刑の露に消えた。

サッダームはあらゆる面でイラクを象徴し、恐怖政治を体現した存在であったがために、イラク人に与えた衝撃は小さくないはずである。この処刑をもたらした判決は、3つの側面を有しているようである。
 ○ 元大統領の人道上の罪が裁かれた
 ○ 宗派・民族対立が深まる中で、シーア派やクルド人に対する抑圧が裁かれた
 ○ 旧政権の悪しき秩序が裁かれた

戦後、スンニー派が米軍等の標的となり、疎外される中で、サッダームはいつの間にかスンニー派抵抗運動の象徴となった側面がある。権力や金をばら撒かずともサッダームが祭り上げられたのは、皮肉なことにこれが初めてのはずである。逆に、サッダームの処刑はシーア派やクルド人の溜飲を下げることになった(クルド人に対する罪が法廷で裁かれる以前に処刑されたことに対する不満は残ろうが)。このような感情が表に出る場合、サッダーム処刑はすでに深刻化している宗派・民族対立を激化させ、報復の連鎖の基盤を提供することになる。

国民の信を得られないイラク政権から見れば、無法者の象徴であるサッダームを法の下に裁き、処刑台の上で「屈服」させることは、新時代の幕開けと新政権の正当性を訴える上で、きわめて重要であろう。また、イラク政策の誤りを認めざるを得ず、イラク戦争の大義が問われている米政権としては、サッダームの処刑は米有権者に唯一示すことが出来る「前向きな進展」となるはずである。

サッダームの処刑は、このように強い政治色を伴っているが、旧バアス党勢力の報復を含め、宗派・民族の対立感情は強まるに違いない。政権としては、処刑のプラス面を強調し、いかに事態を収束させるかが問われることになる。その一方で、高まるであろう宗派対立が組織的なうねりとして永続する可能性は高くないように想われる。旧政権の枢要によるテロ活動は、2004年時点よりも後退しているため、処刑を契機として高まる宗派・民族対立感情が組織的に糾合される基盤が存在しないからである。

いまひとつ忘れてならないのは、アラブの反応である。米国の管轄下に置かれ続けたサッダームは、アラブ世界の一部で反米抵抗運動の象徴になっている。イラク人よりもサッダームの圧制に対する反感が薄いアラブ・イスラーム世界では、サッダームの処刑が反米運動を盛り上げる可能性がある。特に、メッカ大巡礼の一連の行事が始まる数時間前に処刑されたサッダームに対する感情は、宗教的に高まるかもしれない。巡礼が終わった後の大祭では、多くのイスラーム教徒が集い、共通の問題を語り合う。この時期は、政治的に機微であり、処刑により高まる感情が増幅される懸念が強い時期である。

諸悪の根源サッダーム政権が転覆され、拘束されれば、世界はよくなり、イラクは別世界となるはずであったのかもしれないが、この期待は実現されなかった。元大統領の処刑は大きなインパクトを残すであろうが、イラク問題の根源は別なところにあることを忘れてはならない。サッダームの処刑にかまけて、イラク問題への取り組みがおろそかになれば、処刑がもたらす負のインパクトがより強調されることになるかもしれない。

|

« 大統領死刑確定 | トップページ | サッダーム »

コメント

本文中に、「グリーンゾーンで処刑されたらしく」とありますが、処刑はカージミーヤの旧諜報機関施設内で実施されたとのことです。
お詫びと共に訂正します。

投稿: 大野 | 2007年1月 7日 (日) 09時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179068/13262023

この記事へのトラックバック一覧です: サッダーム処刑:

« 大統領死刑確定 | トップページ | サッダーム »