« アンマンのイラク人たち | トップページ | アンマン開発事情 »

アンマンの朝

エジプト並びにヨルダン訪問もとうとう最終日を迎えた。

アンマン最終日のメイン・イベントは朝食である。アンマン市内スウェイフィーヤにあるカルハという大衆飯屋が私のお気に入りである。060922_13500001

ハンモスかな、フールかな、フェッタかな、と思量しながら、やはりこの店はハンモスだろうと一大決心をし、ハンモスとファラーフェルをオーダーする。ハンモスはひよこ豆をペースト状にしたもので、アラブ諸国どこでも見かけるきわめてポピュラーな料理で、これにパンをつけて食べる。ハンモスには唐辛子をつけこんだオイルを好みによってかけるが、これが要注意である。ちぎったパンにハンモスをつける際、時にこの唐辛子オイルが手につくのである。以前、この手で目をこすってえらい目にあった。 060922_14010002_1

060922_14060001 たかがハンモスであるが、この店のハンモスはなかなかのもので、食事時になると多くの人が並んで買って帰る。まじまじとハンモスを眺めつつ、すぐに腹に溜まることを恨みながら思う。やはり、フェッタを食べるべきだったかな。。。

|

« アンマンのイラク人たち | トップページ | アンマン開発事情 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179068/11994341

この記事へのトラックバック一覧です: アンマンの朝:

« アンマンのイラク人たち | トップページ | アンマン開発事情 »